KAAT EXHIBITION 2022 | 「鬼頭健吾展|Lines」 | 2022年5月1日(日)~6月5日(日) | KAAT神奈川芸術劇場 『KAAT EXHIBITION』 は、KAAT神奈川芸術劇場が2016年から毎年開催している、劇場空間と現代美術の融合による新しい表現を生み出す企画シリーズです。7回目となる2022年度は、「街にひらかれた劇場」をテーマに、初めてKAATのアトリウムを会場に展開します。アトリウムは劇場入口で誰でも立ち寄り休憩などができる、高さ約30mある開放的な空間です。本展は「Lines」と題して、国内外で活躍するアーティストの鬼頭健吾による、ここでしか見られない新作インスタレーションを展覧します。 KAAT EXHIBITION 2022 | 「鬼頭健吾展|Lines」 | 2022年5月1日(日)~6月5日(日) | KAAT神奈川芸術劇場 『KAAT EXHIBITION』 は、KAAT神奈川芸術劇場が2016年から毎年開催している、劇場空間と現代美術の融合による新しい表現を生み出す企画シリーズです。7回目となる2022年度は、「街にひらかれた劇場」をテーマに、初めてKAATのアトリウムを会場に展開します。アトリウムは劇場入口で誰でも立ち寄り休憩などができる、高さ約30mある開放的な空間です。本展は「Lines」と題して、国内外で活躍するアーティストの鬼頭健吾による、ここでしか見られない新作インスタレーションを展覧します。

KAAT EXHIBITION 2022 鬼頭健吾展|Lines

ここでしか見られない、鬼頭健吾の新作インスタレーション
色彩のリズムとコントラストが響き合う作品がアトリウムに登場!

『KAAT EXHIBITION』 は、KAAT神奈川芸術劇場が2016年から毎年開催している、劇場空間と現代美術の融合による新しい表現を生み出す企画シリーズです。7回目となる2022年度は、「街にひらかれた劇場」をテーマに、初めてKAATのアトリウムを会場に展開します。アトリウムは劇場入口で誰でも立ち寄り休憩などができる、高さ約30mある開放的な空間です。本展は「Lines」と題して、国内外で活躍するアーティストの鬼頭健吾による、ここでしか見られない新作インスタレーションを展覧します。

鬼頭はフラフープやスカーフなど日常にあるものを使って色彩的な感度を拡張する作品などを、多くの美術館や公共空間、店舗などで発表を繰り返してきた作家です。本展では、アトリウム天井からカラフルな縦のラインを創造し、色彩のリズムとコントラストが響き合うインスタレーションを計画しています。劇場過去最大スケールの試みである、刺激的でカラフルなアート作品が、年齢や国籍を問わず、劇場を訪れるすべての方をお迎えします。

さらに、関連企画として山本卓卓によるドラマ・インスタレーションや、ケダゴロ・近藤良平・小尻健太など、魅力的なアーティストのパフォーマンスも展開します。美術作品との化学反応と多角的な魅力を是非ご堪能ください。

会期 2022年5月1日(日) - 6月5日(日)〈アトリウム〉
時間 10:00 - 18:00(夜公演がある日は終演時刻まで)
料金

無料

主催
協賛
日本化工機材株式会社 株式会社ジンズホールディングス アクセンチュア 芸術部
協力
寺田倉庫株式会社 TERRADA ART ASSIST
rin art association MtK Contemporary Art
ケンジタキギャラリー
京都新聞印刷 株式会社サンエムカラー
神奈川文化プログラムマグカル ハマフェス

作品紹介

撮影:木暮伸也(Shinya Kigure)
写真提供:rin art association

鬼頭健吾

1977年愛知県生まれ。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了。2008年五島記念文化賞を受賞しニューヨークに滞在後、2010年文化庁新進芸術家海外研修員としてベルリンに滞在。現在は群馬県を中心に制作活動中。京都芸術大学大学院教授。フラフープやスカーフ、蛍光灯などの既製品や混色をしていない絵の具を使い、現代的な感覚、宇宙の広がりを感じさせる作品で国内外から高い評価を受ける。
http://www.kengokito.com/homem.html

鬼頭健吾
撮影者:藤山誠(Makoto Fujiyama)

関連企画

関連企画として山本卓卓によるドラマ・インスタレーションや、ケダゴロ・近藤良平・小㞍健太のパフォーマンスを週替わりで展開します。

山本卓卓・ケダゴロ作品は誰もが気軽に参加できる「予約不要・入場無料」のプログラム、 近藤良平・小㞍健太作品は観客だけで劇場を貸し切る「スペシャルナイトプログラム」です。 鬼頭の色彩豊かなインスタレーションと個性あふれるアーティスト達が生み出す、多彩なプログラムをお楽しみください。

山本卓卓 『オブジェクト・ストーリー』

劇作家・演出家の山本卓卓が劇場のあちこちに存る、椅子、階段、エスカレーターなどいろいろな「モノ」(オブジェクト)たちの呟き(ストーリー)を書き下ろし、ドラマ・インスタレーションとして展開します。予約不要。劇場入口でオリジナルマップを手に入れて、劇場を探検!マップを片手に見落とされがちなモノたちとそのドラマを探してみましょう!

見えないと思っているものは見落としていたのかもしれません。
見えると思っていたものは見ていなかったのかもしれません。
そこに[なにか]があるということは、それを認識するあなたと、認識しないあなたがいるはずです。
そういった瑣末なことに、朗らかに気付ける時間であれば、と思ってつくりました。

山本卓卓

期間:2022年5月1日(日)- 6月5日(日)
開場時間中(10時 - 18時)は予約不要で参加いただけます。
※催物の開場時・終演時などお客様の混み合う時間帯は一部ご覧いただけない箇所もございます。予めご了承ください。

山本卓卓 Suguru Yamamoto
劇作家・演出家。範宙遊泳代表。1987年山梨県生まれ。幼少期から吸収した映画・文学・音楽・美術などを芸術的素養に、加速度的に倫理観が変貌する現代情報社会をビビッドに反映した劇世界を構築する。オンラインをも創作の場とする「むこう側の演劇」や、子どもと一緒に楽しめる「シリーズ おとなもこどもも」、青少年や福祉施設に向けたワークショップ事業など、幅広いレパートリーを持つ。アジア諸国や北米で公演や国際共同制作、戯曲提供も多数。
『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を、『バナナの花は食べられる』で第66回岸田國士戯曲賞を受賞。公益財団法人セゾン文化財団フェロー。
http://www.hanchuyuei2017.com
山本卓卓
撮影:雨宮透貴
範宙遊泳『うまれてないからまだしねない』(2019)撮影:鈴木竜一朗
範宙遊泳『うまれてないからまだしねない』(2019)撮影:鈴木竜一朗

ケダゴロ 「『세월』クリエーション・ドキュメンタリー」

作者や演者自身が体験的に隔たれた歴史的事件を題材とした作品づくりで注目を浴びるダンスカンパニー“ケダゴロ”。5月下旬にKAATで初演するセウォル号沈没事件を扱った新作『세월』創作プロセスの「断面」を覗き見る。思考する肉体、反応する肉体、エラーする肉体。ケダゴロにおける肉体実験の一端が明らかに!

開催日:2022年5月7日(土)15時~

※パフォーマンスは45分程度を予定。
※立ち見での観覧となります。

振付・構成・演出:下島礼紗
出演:伊藤勇太、木頃あかね、小泉沙織、中澤亜紀、下島礼紗(以上、ケダゴロ)
内堀愛菜、小野涼平、鹿野祥平(劇団東京乾電池)、菊永沙紀、岸本茉夕、 白倉絵蓮、田村真帆、沼田駿也、水澤茜嶺 ※予定

助成:公益財団法人セゾン文化財団(ケダゴロ)

ケダゴロ Kedagoro
下島礼紗が主宰するダンスカンパニー。2013年結成。現在は7名のメンバーを軸に活動を行う。主な作品として、連合赤軍事件を題材に、クリエーションの過程を集団的狂気の構造と重ねるカンパニーの代表作『sky』(2018)、「松山ホステス殺害事件」整形逃亡犯・福田和子を題材とした『ビコーズカズコーズ』(2021)などがある。 “ 「ダンス」とは、世の中を解釈する為の一つの手法である” という理念のもと、国境を越えて「論争」を生む作品を国内外で発表している。下島自身の代表作としてはオウム真理教事件を題材とした『オムツをはいたサル』(2017)、韓国国立現代舞踊団委託作品『黙れ、子宮』(2021)。2022年度より公益財団法人セゾン文化財団セゾンフェローI。
ケダゴロ
ケダゴロ「sky」© Hong Kong Dance Exchange 2020

近藤良平 『新世界solo』

ダンスカンパニー・コンドルズを主宰し、個性あふれるダンスとキャラクターで観るものを魅了し続ける近藤良平。彩の国さいたま芸術劇場芸術監督に就任し、同劇場で新創作する舞台「新世界」からの風を感じるソロ作品を上演。

“独奏、独走、独創ー。近藤良平がサイゲイを引っさげて、KAATにやってくる。
「ひとり新世界なのだ!」おまけもついてくる!”(近藤)

日時:2022年5月13日(金)19:30/2022年5月14日(土)19:30

企画協力:彩の国さいたま芸術劇場

近藤良平 Ryohei Kondo
コンドルズ主宰。1996年の旗揚げ以降、約30ヶ国で上演、NYタイムズ紙他で高く評価され、日本のコンテンポラリーダンスでは異例の躍進を遂げる。TBS『情熱大陸』、NHK『地球イチバン』で特集。「こんどうさんちのたいそう」、「テレビサラリーマン体操」などの振付出演。『てっぱん』、『いだてん』振付。演劇・映画・CMなど多方面で表現者として活躍。子ども向け参加型公演「コンドルズの遊育計画」や障がい者によるダンスチーム「ハンドルズ」など、ダンスを通じた社会貢献にも取り組んでいる。4回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞、第67回芸術選奨文部科学大臣賞受賞、第67回横浜文化賞受賞。愛犬家。2022年4月より彩の国さいたま芸術劇場芸術監督。

ジャンル・クロスI
近藤良平 with 長塚圭史『新世界』
期間:4/29(金・祝)~5/1(日)
会場:彩の国さいたま芸術劇場大ホール

近藤良平/撮影:宮川舞子
撮影:宮川舞子
近藤良平

小㞍健太 『Study for Self/portrait 2022』

構成・出演:小㞍健太

イリ・キリアン率いるNDT1に日本人男性として初めて名を連ね、帰国後はバレエを基礎とした美しくしなやかな身体表現で多彩に活躍する小㞍健太が自画像の意味をもつソロ公演を上演。経験とともに変化してきた身体を見つめながら、各国のクリエーションで豊かな記憶を身体の中に蓄積した小㞍が、身体で語る自画像とは。

日時:2022年5月20日(金)19:30/2022年5月21日(土)19:30

小㞍健太 Kenta Kojiri
1999年ローザンヌ国際バレエコンクールにてプロ・スカラシップ賞受賞。イリ・キリアン率いるネザーランド・ダンスシアター1に日本人男性として初めて入団。2010年退団後『Study for Self/portrait』、小㞍健太+森永泰弘『The Threshold』等の創作を軸にダンサー・振付家として活動。サウンドデザイナー、能楽師、プログラマ等と共に、ジャンルや世代を横断した表現における身体の在り方を思考している。他、オペラやミュージカルの振付、さいたまダンス・ラボラトリ講師/ナビゲーター 、フィギュアスケート日本代表選手の表現指導、Dance Base Yokohamaダンスエバンジェリストを務める。
http://kojiri.jp/
小㞍健太
© Carl Thorborg
小㞍健太
© momoko japan

有料公演チケット情報
近藤良平・小㞍健太作品共通

開場・入場方法:
  • 各回19:00開場
  • チケットお持ちの方のみ、19時よりパフォーマンス会場にご案内します。
  • 18時に一度閉館して準備作業に入るため、18-19時は劇場内でお待ちいただけません。
料金:
  • 入場整理番号付自由席(税込)
  • 大人2000円/こども(4歳から高校生以下)500円
  • 乳幼児入場可、3歳以下でお席が必要な場合はこどもチケットをお求めください。
発売・取扱:

チケット発売日:4月10日(日)一般発売
※4月9日(土)KAme(かながわメンバーズ)先行発売

お問合せ: チケットかながわ
電話:0570-015-415(10:00 - 18:00)
企画製作・主催: KAAT 神奈川芸術劇場

KAAT神奈川芸術劇場では新型コロナウイルス感染拡大予防対策を行い主催公演を実施します。ご来場前に、劇場HPの「ご来場のお客様へのお願い」をご確認ください。

新着情報

ジャーナリスト公開について

ジャーナリスト公開を行いますのでご案内いたします。ご希望の方は下記よりお申し込みをお願いいたします。
なお、ジャーナリスト公開は一般公開中に開催いたしますので、あらかじめご了承ください。

日時

2022年5月2日(月)

  • 12:30:ジャーナリスト公開開始(開館の10:00より作品はご覧いただけます。)
    ※作家・キュレーターによる説明を行います。
  • 13:00 ジャーナリスト個別対応
  • 14:30 内覧会受付開始
  • 14:45 - 15:00 芸術監督・作家挨拶
    ※内覧会では、美術家・鬼頭健吾、芸術監督・長塚圭史より挨拶申し上げます。
  • 16:00 内覧会終了予定
会場 神奈川芸術劇場 アトリウム
申込 5月1日までに、こちらの申し込みフォームよりお申込みお願いいたします。神奈川芸術劇場 アトリウム
内覧会のお知らせ

ご招待状をお送りした方へ向けた内覧会を行いますのでご案内いたします。
なお、内覧会は一般公開中に開催いたしますので、あらかじめご了承ください。

日時 2022年5月2日(月)14:45 - 16:00(14:30受付開始)
※内覧会では、美術家・鬼頭健吾、芸術監督・長塚圭史より挨拶申し上げます。
※開館の10:00より作品はご覧いただけます。
会場 神奈川芸術劇場 アトリウム

KAAT EXHIBITION

KAAT EXHIBITION


KAAT神奈川芸術劇場

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町281
TEL.045-633-6500(代表)
FAX.045-681-1691
Google Maps

『KAAT EXHIBITION』とは

現代美術と舞台芸術の融合による新しい表現を、劇場の独特な空間で展開するKAATならではの企画です。

これまでKAATで開催された現代美術展